キャンピングムーン フィールドラックの紹介!組み合わせを工夫して用途無限大♪

キャンプ

【更新】2021年6月29日 【公開】2021年2月12日

 

  • 「 フィールドラック の購入を考えている!」
  • 「 フィールドラック の使い方はどうしようかな?」

 

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして、広島出身で沖縄在住(16年目)の “ヒロ(33)” 初心者キャンパーです!

興味のあるものを、ひたすらアップしています。

いつか、みなさんの生活に寄り添えるものを作って、販売したいと思っています!

 

今回は、フィールドラック についてアップしまーす。

 

 




 

オススメ の ” フィールドラック ” を教えます!

キャンプ場には 砂利芝生 など、いろんな 地面 があります。

 

キャンプをはじめると、「小物」 や 「ボックス類」 などの キャンプギア が増えます。

「地面」 に置いていませんか?

とくに、収納にとっても便利な「 コンテナボックス」は、地面 においてしまうギアのひとつではないでしょうか?

 

地面においてしまうと、「汚れ」や「虫」がついたりして、撤収時に少し 「テマ」 が増えます。

 

今回は、こんな悩みを 解決してくれるオススメのギアを教えます♪

 

“キャンピングムーン フィールドラック” のご紹介 ♪

キャンプギアの 「地面置き問題」 を解決してくれる、オススメ のギアがこれっ!

「キャンピングムーンのフィールドラック」です!

 

 

 

少しお高いのですが…、オススメする点がたくさんあるのでご紹介します!

すでに4~5回 くらいキャンプで使用していて、どんどん愛着が増加中です(笑)

 

オススメポイントはこれだっ ♪

 

  1. 収納時のサイズが、コンパクト
  2. スリムだけど強度があり棚として使える
  3. 金属製で塗装もしっかりしていてさび対策がばっちり

 

収納時のサイズが、コンパクト!

フィールドラックは、「収納サイズ」コンパクト」 なんです!下の写真のように、ちょっとした隙間 にすすっと入ってくれます。

ケースには、自作した「天板2枚」も収納しています!

 

 

スリムだけど強度があり棚として使える!

フォルムがスリムなのですが…重たいギアをのせても、へっちゃらなんです!

下の写真は、キャプテンスタッグの ”51ℓサイズのクーラーボックス” をのせたときの様子です。

 

クーラーボックスの中には、氷やお酒類がぎっしり入っていて20㎏ちかくあります。

でも、まったく問題なく使えています。

 

強度もあるので、上に重ねて棚としても使えます!

 

 

金属製で塗装もしっかりしていて、さび対策もばっちり!

フィールドラックは 金属製 です。

また、塗装がしてありますが、しっかりとされていて さび も心配なさそうです!

ただし、傷をつけるとさびやすくなるので、ご注意下さいね。

 

塗装面がしっかりしていているため、片づけは さっとふいて おわりです!

個人的には、下のリンクのような 「木製ラック」 より、使いやすいと思います!

 

以上の3つの理由から、とっても「オススメなラック」です!

ぜひ、検討してみて下さいね。

 

 




 

くみ立て時に注意してほしいこと(取説を読まない方、必読!)

「くみ立て」はとっても簡単です。

慣れれば、ものの数秒で完了します!

 

ただ…はじめてくみ立てるときに、注意してほしいことがあります。

 

取説 を読めば、簡単なのですが…

取説を 読まない派」 の方は、とくに ご注意ください!

 

ちなみに、取説はA4サイズの1枚です(下の写真)。

 

 

ここから、注意点をお話しします。

 

ケースからフィールドラックを取り出すと、2本の あし がぷらーんと現れます。

2本の あし を、天板部分にある突起(左の写真)に固定をします。

この突起に固定するときが「注意」です!!

 

 

自己流で固定しようとすると、すごい力が必要です!

そのため、なかなか突起に はめ込む ことができません。

 

そのため、固定部に近い部分をもって、固定しようとした結果…

みごとに、親指をはさみます!

 

もし、はさんだ場合…

めちゃくちゃ 激痛 をともないますよ!(笑)

ほんとに、ほんとーに、痛いですよ!!!

 

私の場合は、すぐにはさまった親指がはずれたのですが…

はさまったままだったら、やばかったと思います(汗)

 

なので!

少しでもいいので、 取説 を確認してからくみ立ててくださいね!

慣れれば簡単に、突起にはめ込むことができます!

 

ちなみに、私は ひざ を使ってくみ立てています。ご参考までに!

 

 




 

天板を自作して “フィールドラック” 快適に使う!

フィールドラックを使っていると…

「カギ」や「小物ギア」が網目からよく落ちる…。

 

ということで、「天板」が必要になりました。

 

私が購入した、キャンピングムーンのフィールドラックは、「木製」 や 「アルミ製」 の 天板 が販売されています。ただし、高い(笑)

調べたところ、「木製:約¥2,000」、「アルミ製:約¥4,000」くらいします。

 

 


ならば、「材料も時間もある!自作してしまえ!」

 

ということで…

実際に作ってみたのでご紹介します!

 

使った道具や材料は、こんなかんじです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 丸ノコ(ホームセンターで切断してもらえばレクチン!)
  • ノコギリ(角の加工)
  • やすり
  • ブラックの水性塗料(水に強いタイプ)
  • 杉板

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

所要時間は、1時間(乾燥時間は除く)ほどで作成できました。

 

今回は 「杉板」を使って作成しました。

杉板は 軽量 かつ 加工性 もよく、さらに 「コスパ」 もいいんです!

ただし、 水 に弱いため塗装は必須です!

私は、ブラックの水性塗料 で重ね塗りを繰り返すことで、防水性 を強化しました!

 

天板の「塗装色」については、ラックの色とそろえるために、「 ブラック 」にしました!

仕上がりは、こんなかんじです!

 

 

また、天板の「形状」については、「1枚板」にはせずに…

使い分けができるように、「2枚板」 にしてみました!

 

また、「収納性」もよく、ばっちりケースに収納できます!

天板の厚さはが15㎜ありますが、問題ありません。

 

 

実際に又吉キャンプ場で使ったので、写真を載せます。

使っているときの様子は、こんな感じです!ご参考まで!

 

 

 

さらに天板をふやして、より快適にする!

今回は、さらにフィールドラックを快適に使うために、改良しました!

ラックを複数連結できるように、2つの天板を追加しました!

 

塗装色は、ラックの色と同じ「ブラック」にしました。

 

 

今後について

今回は、「キャンピングムーンのフィールドラック」をご紹介しました!

他にも、「ユニフレーム」から類似している「フィールドラック」が売られています。

 

比較してみてご自身に合う フィールドラック を、購入してみてはいかがでしょうか。

 

今後も、改良やオススメ商品があれば更新していきますので、また遊びに来てくださいね!

 

またやーさー♪

 

 

 




 







コメント

タイトルとURLをコピーしました