【誰でもつくれる!】真鍮ハンガーなどのキャンプギアを自作する!作品紹介

NFの作品紹介

 

この記事はこんな方へおすすめです
  • 「キャンプギア自作品を調べている。」
  • 「キャンプに関連したものを自作してみたい。」

 

はじめまして。

広島出身で沖縄在住(16年目)の ” ヒロ(33) ” 初心者キャンパーです!

興味のあるものを、ひたすらアップしています。ここではこれまで作った作品を掲載しています。

 




 

 

✔ 真鍮ランタンハンガー(φ8mmタイプ)

 

★ オススメポイント ★
  • 「真鍮の色合い」が優雅感をかもしだす!
  •     購入したら高い。けど、自作したら格安!

 

 


キャンプでおしゃれなギアのひとつ。「ランタンハンガー」「ランタンスタンド」

とっても、おしゃれですよね。あの無骨感…好きです(笑)

しかし、問題点がひとつ。高い。

 



これまでは、鉄筋を使った ランタンハンガー を作って使っていました。

しかし、インスタで 真鍮ランタンハンガーを投稿している人を発見…。

ゴールドの輝き…一目惚れしました(笑)

 

なので、さっそくAmazonで検索すると¥1,000前後で真鍮棒 を発見。

実際に作ったランタンスタンドが、写真のものです。

 

★ 自作ポイント ★
  • φ8㎜の真鍮棒は加工がしやすい。
  • 真鍮は穴加工が簡単でリングがつけやすい。
  • 真鍮はピカールで磨くと輝きがよみがえる!

 

自作したランタンハンガーのポイントは、先端にあけた穴にリングをつけたことです。

リングをつけることで、S字フックをつけてランタンをぶら下げることができます。

ちなみに…鉄筋の曲げ加工は、以下の道具を使いました。

 

 

 

✔ 真鍮ランタンハンガー(φ12mmタイプ)

★ オススメポイント ★
  • 「真鍮の色合い」が優雅感をかもしだす!
  •     購入したら高い。けど、自作したら格安!
  •  φ12㎜だと強度がかなりあがる!

 

φ8㎜の真鍮だと少し強度に不安があったので、φ12㎜で製作しました。

また、大きいランタンにも対応できるように、形を工夫しています。安定感は問題なさそうです。

 

また、テーブルに取り付けて使いたい方もいると思うので、オススメのクランプをご紹介です。

ご参考に。

 

 

 

✔ レヴォーグの荷台の収納力強化

★ オススメポイント ★
  • 車への積載がらくちんに!
  • 製作費¥5,000前後で作れる。

 

キャンプギアを車に積載するときや、撤収するときに積み込む順番に悩んでいました。また、積載したあとに必要なものが下にあるとき、絶望を味わいます。

その悩みを解消してくれるのが、今回作成した写真のような棚です!

キャンプでも片づけたいものを気にせずに積み込めるようになりました。ちょっとした手間が快適へつながるので、オススメです!

 

材料はすべてホームセンターで購入できますし、¥5,000前後で製作できますよ。

 




 

 

✔ 三脚テーブル

 

★ オススメポイント ★
  • おしゃれ。
  • 安定感あり!
  • チェアの横に置いてお酒とおつまみをおける。

 

ずっと気になっていた「三脚テーブル」を製作しました。

三脚のねじはインチねじです。以下のリンクのねじを天板に取り付けることで製作できます!

家に使っていない三脚があるのでしたら、ぜひ作ってみてください!

 

 

✔ 余った木で「鍋じき」を作ってみた

★ オススメポイント ★
  • 余った木があれば簡単につくれる。
  • 木製のテーブルに引けばテーブルを保護できる。

 

今回は、DIYで残った木材で タフマルJr.  の下にひく「鍋じき」を作りました。

とっても簡単に作れるのでオススメです。

塗装は、防水性をもたせるために、ニスを二度塗りしました。

 

✔ ネコモックを使ってテーブルの収納力を強化

 

★ オススメポイント ★
  • テーブル上がすっきりする。
  • 取り外し可能でコンパクト。

 

キャンプのテーブル上の問題、それは「散らかる」です。

そこで、保有している コールマン フォールディングリビングテーブル90 を快適にします。

 

今回使用したのが、ネコモックです。そう、ネコ用のハンモックです(笑)

ネコモック の角には金属フック がついているので、テーブルの脚にロープをとりつけひっかけるだけです!

 

 




 

 

✔ ださいテーブルを「アルミ天板テーブル」へ変身

nandemo_factory の コンセプト。「使えるものは使う」「すぐ買うのでなく、工夫してみる!」

こちらが、リメイクした “アルミ天板テーブル” です。リメイク前は、明るめの「木目調」だった天板を、アルミテーブル」 に変更してみました。

 

また、折りたためる「脚」は、シルバーから「黒」へ塗装することで、全体的にしまった感じに仕上げています。

天板のステンレス板(2㎜)も含めて、合計で¥1,300円くらいでリメイクできました!

 


 

✔ レザークラフト

 

★ オススメポイント ★
  • あいた時間にマイペースで作れる。
  • 安くつくることができる。
  • 好きな形につくることができる。

 

  1. OD缶カバー
  2. CB缶カバー
  3. ティッシュボックスカバー
  4. スキレット柄のカバー
  5. 包丁刃のカバー
  6. レザーマット
  7. ランタン手持ち部のレザー化
  8. SOTOのチャッカマン用カバー
  9. 三角&四角形のトレー

 

レザーを円形にカットする便利な道具をご紹介します。ご参考に!

 

 

 



 

 

✔ 鉄筋で「ごとく」を自作する

 

とにかく「シンプル」で「コスパ」のよい、ごとく をご紹介します!愛用している「Colemanの焚火台」に使うための「ごとく」を自作しました!

写真には、比較のために、キャプテンスタッグの商品を並べています。

 

その結果、写真のように、「Φ6㎜の鉄筋」を使用して作成するこに決定。

 

また、「形状」に関しては、いろんなサイズのギアに対応できるように、「V字型」を採用しました!

実際にキャンプで使っていますが、「強度」や「安定性」については問題ありませんでした!

 

また、塗装は「耐熱塗料(ブラック)」を塗っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました