スバルレヴォーグ(VM4)の「コトコト」異音 CUSCOフロントストラット アッパーブッシュ

スバルレヴォーグ関連
この記事はこんな方へおすすめです
  • 「レヴォーグ(VM4)の修理や維持費を知りたい。」
  • 「おすすめのカー用品を知りたい。」
  •  「スバル車で珍しい事件を聞きたい。」

 

はじめまして。

広島出身で沖縄在住の ” ヒロ ” 初心者キャンパーです!

愛車のスバルレヴォーグ(VM4)に関する情報をアップします。中古車で購入後、異音修理や車検などで発生した費用や情報を記載していますので、ご参考になれば幸いです。

 

所有しているレヴォーグ(VM4)の情報は以下のとおりです(購入時)。

 

カラー: メタリックブルー
走行距離: 88900km(修復歴なし)
年式: H27
販売価格: 179万円(総額)

 

前オーナーは奈良県の方で、現在は沖縄で乗っています。

その他の購入時の事項としては…2年保証(足回りは保証外)、2年車検、ドライブレコーダ取付、サイドステップ板金、グリスコート、アンダーコート、マット交換、オイル交換、社外タイヤホイール新品。

 

燃費に関してですが、私の場合平均で「10㎞/ℓ~11㎞/ℓ」です。

少し燃費が悪いと思われますが、理由があります。

出勤で毎日使用しており、市街地の大渋滞(ほぼ平地なし)を走行しています。また、社外のタイヤ(225/45 ZR18 95W XL)を着用していることも低燃費につながっていると思います。

実際に、キャンプに行くときなど田舎道や高速を走行する場合は、2倍以上走る場合が多いです。あくまでご参考までに!

 

大好きな点は、「ハンドリング性能」と「パワー」です。さすがスバル車!!

 

それでは、これまで乗ってきて発生修理やおすすめカー用品、事件について記述します。

 

 本ブログの 目次 
  • 右フロントからの異音の修理
  • オイル温度の上昇が気になり修理
  • オススメのカー用品をご紹介
  • これまでかかった費用のご紹介
  • 珍事件のご紹介

 

 



✔ 右フロントからの異音が発生

 

「右フロント」から異音が発生し始めたのが、走行距離が92000kmを超えたあたりからです。金属が干渉しあうような音で、具体的な症状は以下のとおりです。

 

 異音の症状について 
  • 低速走行(20キロ以下:クリープで走るくらい)で発生しやすい。
  • 異音は「コンコンコン」みたいな金属の連続音。
  • とくにバックするときに大きな音が発生。
  • タイヤの回転に合わせて規則的になる。
  • 速度が21キロを超えるあたりから音が聞こえなくなる。
  • 雨天時は異音は発生しにくい。
  • リフトアップしたあとは、異音がおさまる。

 

購入先にいくと、異音がならなくなったり、この程度だと特定しにくいからひどくなってからの方がいいとのことで、話が進まない。足回りは保証外の一点張り…

購入時お世話になった人は急にやめてしまい、話の通じない社長とのやりとりに耐えれず、整備工場を転々として現在お世話になっている整備工場にたどりつきました。

ちなみに、現在の整備工場で判明したのが、事故車であり右前に損傷が見られるとのこと(板金、光軸ずれなど)。また、車底は錆の進行がみられました。みなさんは、くれぐれも購入先にはご注意を(泣)

 

足回りの異音なのですが、とくに走行距離が多く高年式の車では特定が難しいようです。

その結果、私の場合はディーラーをはじめ、オートバックスや次郎工業、現在の整備工場などいろんなお店で症状を確認してもらいました。

その結果、以下のことが原因として挙がりました。

 

 異音の原因可能性について 
  • フロントストラットの不具合
  • ドライブシャフトの損傷
  • ステアリングギアボックスの損傷

 

やはり、この時点(走行距離:92000km)では特定が難しかったらしく、後日症状がもう少し進行してから見極めることに。

その後、走行中に異音がひどくなり、ハンドリングに違和感を感じたため、すぐに入庫し確認してもらうことに(走行距離:94000km)。

 

症状を確認してもらったところ、アッパーマウント劣化とストラット自体の寿命の可能性が高くなり、交換することになりました。

純正のBILSTEINのストラットは高額のため、「CUSCOのTouringA」を取り付けることにしました(スプリングなどの使えそうな部品は再利用)。

 

以下、詳細や修理費用等を記載します。合計が約106,400円でした(4輪アライメントは含まない)。

 

品名 数量 単価 金額 備考
フロントアブソーバー 1 30,000 30,000 Rakuten
リアアブソーバー 1 30,000 30,000 Rakuten
フロントアッパーブッシュ 2 6,200 12,400
脱着工賃 4 8,000 32,000
キャンバー調整 2 1,000 2,000

 

 

 

装着後、異音は無事に収まりました。取り外した、アッパーマウントは半分くらいの厚さまで消耗していました。足回りのリフレッシュの必要性を感じた日になりました。

 

ただ、一点。予想外の問題が…。

それが、リアストラットのセンターロッドが長くて、トランクルームに飛び出ることが判明。慌てて、メーカーに問い合わせたところ、トランクルームの加工が必要とのこと…。知らなかった(笑)

 

時間があるときに加工予定ですので、終わり次第アップします。

 

 

 

実は…

異音問題はまだ終わっていませんでした。修理から、約2~3週間経過したころ異なる異音が発生が発生。

 

 異音の症状について 
  • ハンドルをきると異音が発生。
  • 「カラカラカラカラ」と連続音がなるが、直進ではならない。
  • なんとなくベアリングの玉がバウンドしているような音がなる。
  • 朝や夜より、気温の高い昼になりやすい傾向がある。
  • 日がたつにつれて悪化してくる。
  • 日によっては発生しにくいときもある。

 

 

再度、確認してもらったところ、アッパーマウントから水が浸入して、錆が発生しスプリングがうまく動いてないことが原因かもしれないとのこと。

水が浸入する原因は、洗車してたまった水を排出する穴が、ちょうどアッパーマウントの上に来るよで、水が溜まりやすくなっているようです。

水の侵入に関しては、写真のようにし100均のシリコンカップで対処しました。

 

 

グリスを塗布して様子をみましたが、少し時間がたつと異音が発生。

そのため、分解してもらい原因がわかりました。

 

ストラットスペーサー」部分の不具合だったようです。写真のように、傷があり一目でわかりました。部品代は¥1,800です。

やはり、消耗品も一緒に交換した方がよかったんですね…(反省)。

 

 

 




 

✔ オイルの温度上昇が早いような…!?

 

この症状に気づいたのが、出勤中にモニターを見ていたときでした。

普段、職場につく頃には約90℃前後だったのですが、この日は120℃まで上がっていました。また、何となく坂道での走りに違和感を覚えました。

このことに加えて、後程記述する事件も重なり、整備工場にお願いして入庫しました。

 

 

その結果、写真に示しているサーモスタットが機能していないことが分かりました。軽くオーバーヒート気味だったそうです(汗)

この交換のついでに、膨れ始めていたロアホースも交換して頂きました。

 

以下、詳細や修理費用等を記載します。合計が約22,000円でした。

 

品名 数量 単価 金額 備考
サーモスタット 1 2,600 2,600
ロアホース 1 1,600 1,600
スーパークーラント 1 2,500 2,500 2L
工賃・故障探求 1 15,000 15,000



✔ 買ってよかった「カー用品」をご紹介

ミッションプライズ リバースポルトプレミアム

レヴォーグに乗り始めたとき、腰痛に悩まされました。

その対策として、リバースポルトを購入しました。

体がフォットしてくれるし、シートと腰のスペースがうまるので、腰痛の対策になったと思います。

 

 

 

Uandear スマホホルダー

これまで、いろんな車載ホルダーを試してきましたが、これに落ち着きました。

取付状況はこんな感じです!

 

 


 

 

ペルシード カーサンバイザー Z-1501

出勤するルートが、朝日と夕日がばっちり当たる方向のため購入しました。

既存のサンバイザーは下すと信号機の確認がしずらいです。しかし、このサンバイザーは透けているのでストレスなく運転できています。

 

 

 

VANTRUE ドライブレコーダー

この一台で、前方や後方を網羅できます。

また画像もきれいなので、安心して使用できると思います。

私の一番の決め手は、駐車監視モードがあることです。これまで2回当て逃げされており、その対策もあり購入しました。

 

 

 

エーモン エアゲージ

「必要か?」

と、思う方もおられると思います。私は、キャンプに行くので、キャンプ前の空気圧には気を配っています。

ただ、見た目ではわからずいちいちガソスタまで行くのが面倒です。ですので、家で測定して、必要であれば入れに行くといった形をとっています。

 

 

 

QcoQce 車載扇風機

レヴォーグには後部座席にエアコンがありません。そのため、夏場はどうしても後部座席は暑いです。

この車載扇風機があれば、空気を動かせるので少しは涼しくなってくれます。お子さんなどが後部座席に乗るのでしたら是非ほしいグッツの1つです!

 

ボンフォームシートカバー 4361-04BK

後部座席用のシートカバーです。キャンプや釣りなどのアウトドアをする人にオススメです。

汚れたものを気にせずに置くことができるので、重宝しています。

 

 

 

カーメイト ディヒューザー L10002(過去の投稿)

車用のディヒューザーです。

過去にブログに書いているのでそちらを確認下さい。香りはもちろん、見た目もよくて重宝しています。

 

エアコンフィルター(ボッシュ AP-F06)

これは、オススメというか消耗品です。

おそらく全国のオートバックスやネットで購入できるので、無難だと思います。

 

 

 




 

✔ これまでにかかった費用について

ここでは、これまでレボーグにかかった費用をご紹介します。

高走行距離の中古車を購入した場合に、発生する費用として少し参考になることもあるかもしれません。ご参考にしてください。

なお、保険に関しては2年目以降は「車両保険」をはずしています。

また、オイル交換は「4000km or 半年経過」の早いほうを優先して交換しています。ちなみに、オートバックスの安いものを使用しています(MR 2000CC REFTY ECO OW20)。オイルフィルターは2回に1回の頻度で交換です。

 

以下に、2年間でかかった費用の詳細を記述します。

 

項目 個数 / 回数 金額 備考
車体価格 1 1,790,000
税金 2 79,000
修理:原因究明 1 4,700
修理+部品 1 22,000
異音修理+部品 1 106,400
再異音修理+部品 1 1,800
オイル交換 4 15,000
エアコンフィルター 1 4,000
車検(消耗品交換含) 1 108,000

 

なお、車検ではファンベルト、フロント・リアブレーキパット、エアーエレメントの交換も含まれています。あとは、上記した合計に「任意保険」と「自賠責」、「ガソリン代」がかかるかと思います。

今後、ラジエータータンクやバッテリー、タイヤなど次々危なそうな部品や消耗品があるので、その都度更新したいと思います。

 

✔ 珍事件!!「巣バル」事件について

 

スバルだけに…まさに「巣バル」です。ボンネットの中に、「巣」を作られました(笑

 

職場から帰宅する前に、いきなり鳥がボンネットからひょっこりと出てきました。嫌な予感がして、帰宅後確認したところ完璧な巣ができてました。卵を産む前の良かったです(汗)

巣を発見する1週間前に、洗車時にボンネットの中は見ていたので、おそらく4~5日で作ったようです。確認ですが、私は毎日運転しています。職場に駐車している10時間くらいの間で地道に作られたのでしょう。。。

 

 

撮影後、すぐに撤去しました。詰まった砂利やゴミは、掃除機で頑張って取り除きました。

 

翌日、職場に行くと腹のパンパンのメス鳥とオス鳥がすぐに車に飛んできました。

ただ、前日にホームセンターで対策グッツを買って取り付けたので、あきらめたようです(笑)ボンネットにできた、ひっかき傷は大目に見てあげたいと思います(泣)

 

 

スバル車にお乗りの方は、たまにはボンネットを覗いた方がいいかもしれません!(笑)

 

 






コメント

タイトルとURLをコピーしました